勤め人拡散論

学生時代から読んでいる4コマ戯画で「勤め人発展論」という誌があります。

読んで言葉のごとく、勤め人氏の会社で起きる実績中心に描かれているのですが、学生時代は「あぁ大人になったらそんな生活です」と勘違いしていました。

日毎仕事してお茶を入れてコピーを取って、ちょくちょくおつかい頼まれて訪問ついでにお茶…

誠に言うバブル時代の勤め人氏なんでしょうか。

今日、社会人になってそんな生活はかけ離れた勤め人くらしを送っていますが、相当なぜ想像していたものとは違うもののそれなりに面白く過ごしております。

今日の生活を4コマにしたら20年代先々「あんな世の中があったの?!」って言われちゃうのかもしれませんね。

一つコスメティックスに替えました

ここ半月ほど前から一つコスメティックを使い始めました。

最初はメーク水・乳液・保湿液など、それぞれに効果がある成分だからこそ皮膚に良いのに一つでまとめるなんてとしていた非難派でした。

それでも某品名の一つコスメティックの試料においてみたところ、凄い皮膚にしっくりきてキメが細くなったような感覚になりました。

一部分だけ使えば良いから楽だし、皮膚の速度も良くなったしので一つに乗りかえました。

随分考えてみたら、メーク水・乳液など使っていた製品の額よりも一つコスメティックのほうが高いんです。

これってもしや、ひとつにするため成分を盛り込んだから大きいのかもしれないと勝手に思って使っています。

ジョギング女房になる★

巷で人気(は過ぎたかもしれないけど〜笑)、ジョギングを始めることにしました☆

契機は、友人のひとこと。

「それ、昨今まさか太った?」って

がーん!!

そうなの。。

太ったの。。

自分では気にしないようにしていたけれど、身近からの指令って残酷ですね。

も、私のことを思って言ってくれた近くに感謝して☆

減量に挑戦することにしました!

減量といえばジョギング!という短絡的なイメージのまま始めたのですが。。

これが思いのほか面白い!少しずつ縮まって出向く時刻、心なしか胃腸も引き締まってきた・・・かも!?

志せジャンル姿勢☆

という、信念は激しく!

も、ジョギング後の一杯はやめられないんですよねぇ〜ぷはぁー!今日もビールがうまいっ!

これってプラマイゼロ!?

現在MUJIが宝物。

MUJI(無印良品)て、入るところにお店舗が僅かのもあっていくことは少なかったのですが、先日MUJIのものがお気に入りです。

はからずも何か探していて検索していたら後押しがMUJIのものだったりして目にすることが多く、じゃぁ使ってみようかなって買って見るのです。

入浴剤は昔も使っていたのですが、久しぶりに行ってみるとなんだかんだシリーズも増えてました。

チャンスの大売り出しで専用売り物がお手頃で買えたのでダラダラ小袋を買って楽しめました。

他にはない物珍しい臭気もあるし、臭気がきつすぎないのも良いなぁと感じます。

アットコスメで1程度になった乳の入浴剤は気に入って何度もリピしてます。

おすすめのネイルケア

部下がきれいだと実に感触もハッピーになるのでポイントのアフターサービスは力を入れるようにしています。

とりあえず、ポイントに湿気を与えて得るハンドクリームですが、ぼくはますますロクシタンのものによってます。

色んな薔薇の異臭のものがありますがロクシタンのローズの異臭が一番高級感があって好きです。

各回塗りつけるたびに癒されます。

湿気を与えて得るだけじゃなくて安堵効果がある場もお気に入りです。

そうしたら四六時中寝る前にハワイで買ったネイルオイルを塗ってある。

中にちっちゃなお花が入っていてイメージも馬鹿望ましいんです。

芳香もすごく良くて癒されてある。

バームクーヘンにハマった!

つい最近までバームクーヘンはあまり好きではなく、自分で買って食べたことは一度もありませんでした。
たまたま披露宴の引き出物でバームクーヘンが続いたことがあり、どちらもあまりおいしいとは言えなかったので、何の気なしに友人にそれを愚痴ったことがありました。
滋賀在住のその友人が最近遊びに来た時に持ってきてくれたのがバームクーヘン。
いやいや、バームクーヘンおいしくないって言ったのにと思っていたら「これなら大丈夫じゃないかと思って持ってきた」とのこと。
聞けば有名な「クラブハリエ」のバームクーヘンで、彼女はお土産によく購入していて誰からも評判が良いのだそうです。
半信半疑で口にしたのですが食べてみてビックリ。
パサパサとした食感が苦手だったのですが、ハリエのバームクーヘンはしっとりしていて甘さも控えめです。
本来甘いもの自体あまり好きではないのですが、これならスイスイ食べられます。
調子にのった私は有名店のバームクーヘンを片っ端からお取り寄せしました。
色々食べ比べてみてハリエと並ぶほど気に入ったのが「治一郎」のもの。
こちらはしっとりを通り越してジュワッと音がしそうなほどジューシーで私のバームクーヘンのイメージを覆しました。
バームクーヘンはあまり好きじゃないという人もぜひ試してみて欲しい一品です。